カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS

赤米カステイラ 丹穂乃舞(にほのまひ)

九州最北端に位置する対馬は、古くから大陸との交流地でした。その対馬の中でも最南端の豆酘は古代米「赤米」伝来の地と言われており、約2500年前に伝わったとされ、いわゆるお赤飯のルーツとも言われています。この地では現在でも赤米が栽培され、穀霊を神として祀(まつ)る伝統行事「赤米神事」が幾代にもわたって受け継がれてきました。

「赤米カステイラ 丹穂乃舞」は、その稀少な赤米を用い、丹念に丹念に焼き上げたかすてらです。赤米の穂が、陽を浴びてキラキラと光り輝き“舞うがごとく”ゆれている姿から丹穂乃舞と名付けました。

神に捧げるお供え物として、赤米を豊作の祈願として捧げる風習からお赤飯が生まれ、また赤い色は邪気を払うという言い伝えにより、祝い事の席などでも食べられるようになりました。子供の健やかな成長を祝うときや人生の節目、将来の幸せを祈る行事には欠かせないものと言えるでしょう。

赤米について、詳しくはこちらをご覧ください。

赤米カステイラ 丹穂乃舞(にほのまひ)

価格:

3,100円 (税込 3,348円)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

≪お祝いや季節のご挨拶、ご法要など進物のご用途に応じ、のし掛けお承り致します。≫

※表書きの一例

のしの表書きや名入れにつきまして、ご不明な点やご質問などございましたら、
ご注文時【補足事項他】の欄にてお気軽にご相談くださいませ。

◇原材料: 鶏卵・砂糖・小麦粉・赤米粉・米飴 (原材料の一部に卵、小麦を使用しています)

◇外装寸法(縦×横×高さ): 28×10×7cm

◇賞味期限: お届けより約14日間